大和市のたいよう歯科クリニック
HOME>クラウン

クラウン

クラウン
クラウンとは、歯にかぶせる“かぶせもの”のことです。 本物の歯のような、光沢や歯肉のキレイさは左のセラミッククラウンのほうが優れています。 歯を約1~1.5mmほど削り、その上にセラミッククラウンをかぶせることで、歯並びやかみ合わせだけでなく、見た目も美しく変えます。

クラウン
【クラウンを使用していない例】
クラウン
【クラウンを使用した例】

下の写真は、奥歯側のクラウンです。
金属の場合、患者様によっては金属アレルギーを起こす方もいらっしゃいます。
セラミックは、見た目が良いだけではなくこういったアレルギーを起こす方に対しても優れた素材です。

クラウン クラウン
ジルコニアクラウン
ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用したものです。金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。 また、審美的にはオールセラミッククラウンに多少劣るもののかなり綺麗で、土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐことに優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。 しかし、まだ新しい素材なので長期的な予後の報告が無い、治療費が高いなどのデメリットがあります。
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。